住まいるーむトミオカにて 販売・設置・アフターフォローと承ります。

薪ストーブとは


心には炎 体には暖


体験イベント

たいの塩釜焼。ストーブで焼きます。準備初めて30分で完成です。

お客様に薪ストーブのQ&A聞きました。

Q:薪の調達は?
A:冬になると常に山(林)をみて木を伐採しているところがないか気にしてました。
切っていると声かけて頂きました。町のシルバーさんにも声かけておいています。ネットワークができてきています。(住まいるーむトミオカからも情報共有してますのでご安心下さい)
Q:熱効率は?
A:イイですよ。家全体が暖かいです。二階も。冬はほとんど薪ストーブだけです。電気代は1万円以下で夏と変わらないです。(オール電化)
Q:煙突そうじは?
A:二階のベランダ続きなので簡単にできました。自分でやってます。(住まいるーむトミオカでお手伝い致します。)
Q:灰はどう処理していますか?
A:両親がやっている畑にまいています。(ワラビのアク取に最適です。)
Q:ご近所のクレーム等 関係性は?
A:薪ストーブは夕方火をつけるので、ご近所の洗濯物には気にならないです。冬の夜は戸も閉めてしまうので煙の事も何も言われた事はないです。
Q:お子さんが小さかった頃はどうでしたか?
A:対策は何もしなかったです。あえて囲わないし【熱い】を感じてほしかった。一度やけどをして病院に行った事がありましたが、対応して下さった医師が優しかったので子供心に医者になりたいと長男が言いました。 


ご愛用者の声

10年前に住まいるーむトミオカと出会いました。
ストーブとは石油ストーブしか情報がなくその時初めて燃えている薪ストーブを体感したのです。
薪ストーブを眺めている子供達の小さな背中をみて「いいなぁ」と思いました。
【火のある生活】に感心を持ちました。
今後の子育てに試行錯誤中だった頃です。
【リビングに子供達が集まってくる生活】がこれからのテーマと感じた瞬間でした。
成長した子供達が各々の部屋に行ってしまうのではなく、ストーブのあるリビングにいる。
 
9年経った今、長女は中3。お友達が良く遊びに来ます。
彼女の部屋に行く事はなくリビングに集まって女子トークに盛り上がっています。